ブラックリストに載ってしまったら!?

お金の悩み相談 -最終駆け込み寺- お金の知識
お金の悩み相談 -最終駆け込み寺-

事故情報は自分では削除できない
ブラック情報は登録した金融機関でないと変更・削除できないので、自分で削除することはできません。
開示請求をして確認した結果、正しい情報に基づかない内容が登録されている場合は訂正や削除をしてもらえる可能性はありますが、その場合でも自分では訂正・削除はできないので、登録した金融機関に連絡して依頼する必要があります。

ブラックリストを解除したいときや返済が難しいときの対処法
返済が遅れてブラックリストに載ってしまうと自分では解除できませんが、解除に向けてやるべきことはあります。以下では、ブラックリスト入りした後の対応について解説します。

①ブラックリストから外れるには借金を完済する必要がある
借金の返済が滞ってブラックリストに載った場合の解除期間は5年ですが、これは契約終了日からカウントしたときの5年です。
ブラックリストから外れるためには、借金を完済して契約を終了させた上でそこから5年経過しなければいけません。そのためブラックリストから外れたい場合で且つ返済できる場合には1日でも早く返済する必要があります。

②返済が厳しければ弁護士・司法書士に相談して債務整理を検討する
返済が難しい場合は、債務整理を検討することになります。債務整理の方法は、主に任意整理・個人再生・自己破産の3つです。
任意整理では、債権者と個別に交渉して利息や遅延損害金をカットしてもらい、負担を軽くした上で3~5年程度かけて返済していきます。
個人再生は利息等のカットではなく借金の元本を減額する方法で、返済額を5分の1や10分の1に減らした上で裁判所が認可した再生計画に従って返済します。
自己破産の場合は、破産申立書を裁判所に提出して認められれば借金の返済が免除されますが、財産は一部を除いて処分しなければいけません。
任意整理・個人再生・自己破産のいずれの方法が良いのか、どのような流れで手続きを進めることになるのか、一般の方だと慣れておらず判断や対応が難しい場合が多いので、債務整理を検討する場合は弁護士や司法書士に相談するようにしてください。
【余談】延滞履歴などがある悪い信用情報を消す、弁護士も存在するみたいです。
良い弁護士や司法書士を探したい場合こちらよりご連絡下さい。

専門家に相談すれば適切なアドバイスを受けることができ、手続きや債権者との交渉を任せられる点がメリットです。過払い金があることが分かって返還を請求できる場合や、時効を主張すること(時効の援用)によって返済義務がなくなる場合もあります。

クレジットカードやローンの返済が遅れた場合や債務整理をした場合、ブラックリストに載ると解除まで5年~7年かかります。ブラックリスト入りすると、自分で削除することはできません。

クレジットカードが使えない期間やローンを組めない期間が何年も続くと、普段生活する中で何かと困ることになります。長期間に渡っての返済遅れが原因で、ブラックリスト入りしないように注意してください。

借金の返済が滞ってブラックリストに載った場合、完済してから5年経過しないと解除されませんが、返済自体が難しくなっている方もいるはずです。借金に関する悩みや困りごとは、弁護士や司法書士に相談することで適切な対応が可能になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました